勃起薬で元気!勃起不全(ED)にザイデナ

男性ホルモン(テストステロン)が増えると元気になる

勃起薬

男性ホルモン(テストステロン)は男性らしさを強めてくれる男性にとってはなくてはならない物質です。
このテストステロンは男性がモテるためにも必要となってくる物質と言われていて別名『モテホルモン』と呼ばれています。

 

男性らしくさを強くしてくれるテストステロンはどのようにして分泌されているのかと言うと男性には精巣ありますその精巣で多くのテストステロンが作られます。
テストステロンは、性欲の増進や生殖器の発育に影響して、少年が男性に変化していく過程でもこのテストステロンが大きくかかわり髭・筋肉など見た目が男性に変化していくのにも働いています。

 

テストステロンは25歳から30歳ぐらいまでがピークの分泌で加齢とともに分泌量は減ってきます。加齢とともに性欲の減退や早漏・中折れ、精子の量が少なくなるなどED気味になってきてしまうのはテストステロンの減少にによるものです。

 

テストステロンを増やすことにより勃起力の改善をしたいと考える方におすすめなのが勃起薬などの活用です。日本人に合った勃起薬としてザイデナが人気です。

 

普段の生活からもテストステロンを増やすことができます。

 

適度な運動をする
オナニーなど射精をを我慢する
体脂肪率を低くする
亜鉛を摂取する
ストレスをためない
アルコール・たばこの摂取をしない
十分な睡眠をとる

 

筋力トレーニングなど激しい運動はテストステロンを増やしてくれますしかし、フルマラソンなどの過度の運動はテストステロンを低下さるので適度な運動を心がけましょう。何でもそうですがやりすぎは体によくありません。

 

 

射精とテストステロンの関係
7日間の禁欲によって40%テストステロンの血中濃度が上昇したとの論文が発表されています。8日からはテストステロンの低下がみられるので7日目がテストステロンのピークです。

 

体脂肪が高い太っている人はテストステロンの生産量が少ないその理由が脂肪細胞に含まれるアロマターゼがテストステロンをエストラジオール(女性ホルモン)に変えてしまうのです。太っている人にEDの人が多いのはこの理由からです。

 

亜鉛はテストステロンを作るために必要な材料の一つです。亜鉛の摂取によって精子の量が増えテストステロンの量も増えてきます。

 

ストレスはテストステロンの濃度を下げるコルチゾールが分泌されてしまいテストステロンの分泌を減らしてしまいます。コルチゾールは、アロマターゼと5αリダクターゼ酵素を作り出してしまいます。アロマターゼは、テストステロンをエストロゲン(女性ホルモン)に変換。
5αリダクターゼ酵素は、テストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)に変換してしまいます。

 

DHT(ジヒドロテストステロン)は、薄毛・体毛の増加・精力減退・前立腺肥大など男性の敵ともいえる男性ホルモンです。

 

アルコールを摂取するとテストステロンがエストロゲンに変換されてしまいます。また煙草は、コルチゾールが分泌されDHT(ジヒドロテストステロン)の増加につながってしみます。

 

ワシントン大学医療センターの研究によると一週間の間睡眠時間をを5時間したところテストステロンの生産量が10〜15%低下したという結果が報告されています。6.5?7.5時間程が成人男性のベストな睡眠時間ですが睡眠時間だけでではなく良い睡眠をすることも大切です。無呼吸症候群や睡眠障害など睡眠時間は取れているけどよく眠れてない場合にもテストステロンが低下してしまいます。