勃起薬で元気!勃起不全(ED)にザイデナ

性行為を一年中するのは人間だけ

 

どんな生き物も、子孫を残すために性行為・交尾をします。その中でも人間だけが特別、一年中性行為をする生物なのです。ほかの動物には交配期や発情期など、性行為をする時期が今っています。それはその種族が子供を育てるのが一番適している時期だということを本能で感じ取っているからなのです。

 

しかし人間は言い方を変えると一年中発情期です。いつ性行為を行ってもいいのです。しかし現代社会では発情しない男性が増えているといいます。

 

その原因は肉体的精神的に疲れているからです。ストレス社会とも言いかえることのできる現代社会ではセックスをすることにより、余計に疲れがたまってしまう環境になっています。

 

しかし人類の欲の中には性欲も含まれています。食欲。睡眠欲。性欲という生きるための欲望は減退しない欲望なのに、人類の性欲は減退しているとも言えます。

 

さらには勃起障害という病気を発症する人も増えてきています。なんだかSFみたいなお話ですが、地球を汚し過ぎたことによるDNAの運命操作で、人類は滅亡する方向へ向かっているのかもしれません。

 

勃起障害はED治療薬で治すことができるようになってきています。今まではバイアグラ・レビトラ・シアリスの三種類が主流だったのですが、これにザイデナが加わり今では4大勃起治療薬となっているようです。

 

そんなザイデナもなかなか今では手に入れるのが難しいようです。