勃起薬で元気!勃起不全(ED)にザイデナ

脳で起こる性的興奮

脳で起こる性的興奮

勃起が起こるための第一段階で最も重要なことは当然、性中枢やそれに関連する中枢神経が健康であることです。性的刺激を認識し、性行為へと至る大脳辺縁系や、視床下部などの一連の経路が侵されれば、最初の段階でつまずくことになります。

 

代表的な疾患として、脳梗塞や、脳出血など脳血管障害や、パーキンソン病などが挙げられます。

 

特に注意すべきことは、脳血管障害の場合、このような血管の病変は脳の中だけにとどまらず、基本的には、全身の血管が程度の差こそあれ、同じような変化を起こしてきているはずだということです。

 

このことから考えてみれば、勃起に直接かかわるペニスへの血行もかなり障害されているとみるのが当然です。脳血管障害のリスクを抱える人は、中枢神経だけでなく、血流の面からも勃起障害となるリスクを背負っているといえます。

 

成人病あるいは、最近では生活習慣病といわれるようになって久しいですが、これらの疾患を引き起こす体への変化は、ペニスの機能にとっても大敵なのです。

 

成人病の予防は、勃起をはじめとする性機能を維持するうえでも非常に重要なことなのです。

 

そしてもう一転、子の勃起の第一段階でなくてはならないもの、それは何といっても性欲です。性欲があってこそ、美しい女性の裸が性的刺激になりうるのです。もちろん、性欲が殺到して別の方向へ向いている場合は、話は別です。男性の子の性欲を支配するものは、主にテストステロンであると考えられています。実際、前立腺がんに対する、最も中心となる治療方法に、男性ホルモンを抑制する方法があります。

 

数年前までは男性ホルモンの中心的想像部位である精巣を摘出したり、薬物で去勢したりしていましたが、近年は副腎からのわずかな男性ホルモンまでも完全にブロックしてしまう方法が一般的となっています。